ストリートスクーター

ストリートスクーター

​ラストワンマイル物流向け

EV商用車

ドライバーの働き方改革、脱炭素化、ランニングコスト削減に貢献するドイツ製EV商用車です。
2014年以降で15,000台以上が導入済・運行中であり、圧倒的なEV商用車の稼働実績を誇っています。

 
 

​商品コンセプト

F2D330B2-D3AF-48E8-A744-8A7B10002CFB_edited.jpg
C2C6AD26-8216-4579-97FF-57711DE9872C.jpe
CO2+Cost Reduction.png

ドライバーの
働きやすさ

宅配業界の人員不足が深刻化する中、

ストリートスクーターは徹底した

ユーザ目線の開発・設計を通じて、

ドライバーの働きやすさと安全性を追求。

- 普通免許でも運転可能 -

- 運転席への乗降性の向上 -

- 体に負担を掛けない荷室床面の高さ -

- キー操作不要で荷室の施錠開錠可 -

- 360°のマルチビューモニター -

- EVの静寂性と車両接近通報装置 -

ラストワンマイル向け
シンプル仕様

ストリートスクーターは宅配業務に

必要な機能に仕様を絞ることで、

低コスト・短期間での開発・生産が

可能となり、手の届くEV商用車を実現。


- 150人の配送員を開発に動員 -

- 10万回開閉に耐えられるドア -

- 宅配仕様の走行距離 (約150km) -

- 急速充電等、不要な仕様の徹底削減 -

- 日本向けに右ハンドル・エアコン装備 -

- 開発期間の短縮、低投資の生産設備 -

​環境経営と

コスト削減の両立

ストリートスクーターはEV商用車としてSDGs/ESG経営に貢献するだけでなく、

燃料費と整備費を中心とした

ランニングコスト削減も両立。


- CO2: 一日40km走行で年間4t削減 -

- 燃料費: 約5-6割の削減* -

- 整備費: 約5-6割の削減* -

- 整備費: 傷がつきにくい合成素材 -

- 整備費: 部品の取り外しが簡単 -

- 税金/保険: 約3-4割の削減* -

* ドイツ本国試算

 

​導入実績・ユースケース

DHL ストリートスクーター

ドイツポストDHLグループ
(郵便・宅配)

世界最大の国際物流グループであるドイツポストDHLグループは、2050年までに物流を脱炭素化することを目標に、2014年にストリートスクーター社を完全子会社しました。ドイツ国内の郵便・宅配向けに、現在では15,000台以上のストリートスクーターが導入済であり、今後も引き続き増車予定です。

ヤマト ストリートスクーター

ヤマト運輸株式会社
(宅配)

日本においては、ヤマト運輸様と日本向け車両を共同開発。環境負荷の低減と働き方改革を両立した約500台のストリートスクーター車が、関東圏を中心に導入されています。荷台は常温スペースに加えて、冷蔵・冷凍室も完備しています。

アマゾン ストリートスクーター

​Eコマース配送

ドイツではアマゾン社に40台のストリートスクーターを納入し、60機の充電器を設置。

ジャンボ ストリートスクーター

スーパーマーケットの食材宅配

オランダのスーパーマーケットチェーンであるジャンボ社は、食材宅配でストリートスクーターの冷蔵車両を採用。

Milk & More ストリートスクーター

牛乳配達

英国のMilk & More社は、毎朝の牛乳配達でストリートスクーターを200台運行中。

引越し ストリートスクーター

引越し業

家具の運搬を含む引越し作業においても、ストリートスクーター車両が活躍しています。